iTunesカード専用のコード読み取りアプリReadeem(リーディーム)をリリースしました。無料!


iTunesカードのコード入力面倒ですよね!
去年、MacやパソコンのiTunes11ではカメラからの入力ができるようになりましたが、いちいち入力のためだけにMacやパソコンを起動するのも面倒。
そんな面倒を解決する、iTunesカード専用のコード読み取りアプリ『Readeem(リーディーム)』を本日リリースしました。
iTunesカードのコード部分をサッと撮影するだけでコードを読み取り、読み取ったコードを1クリックで使用/コピーすることができるアプリです。
開発にはTitanium SDK 3.0.2を使用しました。

Readeem 
カテゴリ:ユーティリティ、参考価格:無料
販売業者:Masayuki SATOU

使い方は簡単、2ステップ。

iPhoneでiTunesカードのコードを使用したい場合、以下の手順が必要です。
iTunes.appを起動して、ミュージックタブの一番下までスクロールして、「iTunes Card/コードを使う」ボタンをクリックして、十数桁のコードを入力して・・・。

でも、Readeemならカメラでコードを撮影して、「iTunes Card/コードを使う」ボタンをクリックするだけ!

コードはなるべく大きく撮影してください。

上の画像のように、青い枠内にコードがなるべく大きく収まるように撮影してください。
手首をデスクやテーブルに付けて固定すると撮影しやすいかもしれません。

1クリックでコードが使えます。

ボタン1つで『iTunesアプリの起動、読み取ったコードの入力、コードの送信』まで行えます。

コードの認識率は…。

残念ながらまだ100%の認識率ではありません。
間違って読み取ってしまったらごめんなさい。

 

家電量販店やコンビニなどの割引キャンペーンを使ってiTunesカードをよく買っている方やiTunesカードのコード記入が苦手という方、企業のキャンペーンなどで大量にiTunesカードを購入・入力しなければならなくなった担当者にオススメです!
ぜひ1度お試しを!

Readeem 
カテゴリ:ユーティリティ、参考価格:無料
販売業者:Masayuki SATOU


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...